「♩音楽の奨め💜73 ​NO BUSES BANDを紹介するぜ」

「♩音楽の奨め💜73 ​NO BUSES BANDを紹介するぜ」

No Busesは、その独特のサウンドと個性的な世界観で注目を集める日本のバンドです。彼らの最新曲「Slip, Fall, Sleep」の公式ビデオが公開されました。この曲は、まるで冬の終わりを告げる霙雨のように、心に静かに降り注ぐメロディが特徴です。

 

ビデオの監督は、Taisei KondoとRaichiが務めており、彼らの繊細なタッチが映像に美しい風情を加えています。曲の冒頭では、目の前に座るぶっきらぼうな人物と、頭上に落ちる霙雨が描かれ、どこか懐かしさを感じさせる情景が広がります。

 

歌詞には、日々の生活の中で感じる些細な感情や出来事が綴られています。例えば、「寝る前に見た光がちらつく目を瞑った後も」というフレーズは、日常の中の一瞬の光景が心に残る様子を表しています。また、「赤い日が瞳を刺す平たいその足を踏み転び擦った左足」という表現は、生活の中での小さなアクシデントが織りなすドラマを感じさせます。

 

「Slip, Fall, Sleep」は、まるで春を待つ心の葛藤を歌っているかのようです。曲の終わりに向かって、「眠りにつく春来る前」と繰り返される部分は、冬の終わりと春の訪れの間の切なさを感じさせます。

YouTube動画「No Buses - Slip, Fall, Sleep (Official Video)」を以下に要約しました。


独特のサウンド

No Busesの「Slip, Fall, Sleep」は、彼ら特有のサウンドと繊細なメロディが特徴です。

 

ビデオの演出:

Taisei KondoとRaichiによるビデオ演出が、曲の雰囲気を一層引き立てています。
日常の一コマ:歌詞は、日々の生活の中で感じる小さな感情や出来事を綴っており、聴く人の心に寄り添います。

 

春への期待:

「眠りにつく春来る前」というフレーズは、冬の終わりと春の訪れの間の切ない心情を表現しています。

 

ライブ情報:

No Busesは2024年2月10日に渋谷Spotify O-Eastでワンマンライブを開催。

 

No Busesの「Slip, Fall, Sleep」は、冬の終わりを感じさせる切ないメロディと、日常の中の小さなドラマを描いた歌詞が魅力の楽曲です。彼らの音楽を通じて、日々の生活に新たな彩りを加えてみてはいかがでしょうか。


是非動画が気に入った面白かった方は、NO BUSES BANDのチャンネル登録お願いします。

www.youtube.com

ランキングに参加しております。沢山の方にいいYouTubeチャンネルの価値をお届けしたいので是非応援したいと想う方該当のバナーを押していただけると嬉しいです。