「▶歴史日本史の奨め🗾03 中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITYのYouTuber紹介するぜ」

「▶歴史日本史の奨め🗾03 中田敦彦YouTube大学 - NAKATA UNIVERSITYのYouTuber紹介するぜ」

日本の神社と寺院について知っていますか?それぞれがどう異なり、どう結びついているのかを理解すると、日本の歴史がぐっと身近に感じられます。日本全国、どの駅からでも歩いてすぐのところに神社や寺がありますが、日本人の宗教観は一筋縄ではいかないものです。特にお正月やお葬式など、特定の時期に訪れることが多いこれらの場所は、実は私たちの生活に深く根ざしています。今回は、宗教法人の数や信者数のデータを通じて、日本の宗教的風景がどのように形成されているかを探ってみましょう。

YouTube動画「【日本宗教史①】日本人が知っておくべき神社と寺の歴史とは?」を以下に要約しました。

神社と寺院の違いと関係: 日本では神社が85,234、寺院が77,572あり、それぞれが日本人の生活の中で異なる役割を担っています。

 

信者数の面白いデータ: 日本の人口を上回る信者数が登録されており、公称上の数字が実際と異なる可能性があること。

 

神道と仏教の拮抗: 神社と寺院は日本の宗教風景の中でほぼ同じ勢力を持っており、多くの日本人がどちらかに親しんでいます。

 

宗教の歴史的変遷: 神道と仏教がどのようにして日本の歴史に影響を与え、時には国家と密接に関連していたか。

 

現代における宗教観: 多くの日本人が特定の宗教を「信じていない」と回答する一方で、宗教行事には積極的に参加しているという矛盾。


是非動画が気に入った面白かった方は、中田敦彦YouTube大学 - NAKATA UNIVERSITYのチャンネル登録お願いします。

www.youtube.com

ランキングに参加しております。沢山の方にいいYouTubeチャンネルの価値をお届けしたいので是非応援したいと想う方該当のバナーを押していただけると嬉しいです。