「▶デザインの奨め◇02 ブラック企業で生き抜く社畜を見守るチャンネルのYouTuber紹介するぜ」

「▶デザインの奨め◇02 ブラック企業で生き抜く社畜を見守るチャンネルのYouTuber紹介するぜ」

ある日、広告業界で働くデザイナー虎徹さんのリアルな1日に密着。桐谷制作会社で多忙を極める彼の日常は、朝早くから夜遅くまで続くハードワークの連続です。一見華やかな広告業界ですが、実際は過酷な労働環境で知られています。新卒者が惹かれる輝かしいイメージとは裏腹に、虎徹さんの1日は、早朝から始まり、メールチェック、案件のブラッシュアップ、デザインの修正、そして無数の会議と進行が繰り返されます。昼食は手作りの卵焼きで済ませ、夕食も手早く済ませるほど、仕事に追われる日々。プレゼンの準備や外部デザイナーとのやり取りに追われる中、心身ともに疲労は蓄積されていくばかり。広告業界のリアルとは、常に時間に追われる戦いなのです。

YouTube動画「広告業界を生き抜く社畜デザイナーのリアル【激務な1日ルーティン】」を以下に要約しました。

極限の忙しさ:広告業界で働く虎徹さんは、朝早くから夜遅くまで多くの案件に追われ、心身の限界に挑む日々を送っています。

 

犠牲の現実:虎徹さんが示す広告業界の実態は、新卒者が惹かれる光輝くイメージとは裏腹に、過酷な労働環境で多くの犠牲を強いられています。

 

無休の労働:休日も返上で案件に対応し、十分な休息を取る時間もなく、連日の作業が続いています。

 

プレッシャーと対応:外部デザイナーへの依頼やクライアントへの対応も虎徹さんにとっては重大なプレッシャー源。細かな修正と確認作業が常に求められます。

 

心の負担:仕事の厳しさにより精神的にも肉体的にも限界に近づく日々。広告業界の現実は、見えないプレッシャーに満ちています。

 

是非動画が気に入った面白かった方は、ブラック企業で生き抜く社畜を見守るチャンネルのチャンネル登録お願いします。

www.youtube.com

ランキングに参加しております。沢山の方にいいYouTubeチャンネルの価値をお届けしたいので是非応援したいと想う方該当のバナーを押していただけると嬉しいです。